妊娠初期 流産 確率

妊娠初期 流産 確率

妊娠初期 流産 確率

 

不妊の増加と不妊治療?

不妊症が増えているということを漠然と耳にしていますが、実際に増えていることは確かなようです。原因の大きな一つに、女性の積極的な社会進出が増え、そのことによる女性の身体への負担が増えて体内バランスを崩しやすいこと、またキャリア作りの途中で、意図的に妊娠時期を遅らせることで母体や卵子等を老化させ、高齢出産期に入って、結果妊娠しづらい不妊症へ繋がっている、という報告があります。

 

男性にも不妊症は増加していると言われています。こうした家庭事情や社会環境から体内バランスを崩しがち。精子の量が減ったり、妊娠への積極性が失せてしまったりしていることも、不妊症増加の要因になっていると言われています。

 

不妊症の検査が、次第にクローズアップされてきていますが、妊娠を望むカップルは、こうした状況から、男女で受けることが必要になっています。不妊治療は大幅な期間を要する場合が多いことから、出来るだけ早い時期に始めることが勧められています。

 

避妊治療の種類はいくつもありますが、基礎体温や排卵日から割り出していくタイミング法。排卵を誘発するホルモン療法、排卵日を予測し、採取した精子を子宮に注入する人工授精、また、卵子、精子を採取して受精させ、再び子宮にもどして着床を待つ体外受精の方法などがあります。

 

妊娠検査薬 消えた
冷え性 低体温 妊娠